スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大豆は畑の肉とも言われている

2009-05-27

大豆は「畑の肉」とも言われています。
よく耳にする言葉ですが、いったいどういう意味なのでしょうか。
大豆の成分が、肉や卵に劣らないほどの
良質のタンパク質を持っているからです。
しかし、この大豆には肉よりももっと優秀な点がたくさんあるようです。

有名な成分ではタンパク質に、イソフラボン、
食物繊維ですが、もう少し詳しくみると、ビタミンB1、
ビタミンB2、ビタミンEなどがあります。

悪玉コレステロールを持たないため血管を若く保ち、
また、その悪玉コレステロールじたいを減らす効果もあるようです。
お肌の状態も若く保ち、脂肪燃焼の手伝いもしてくれるようです。
肉には多量の脂肪が含まれますが、大豆の脂肪分は少量です。

大豆はダイエットにも使えますが、肉は脂肪が多すぎて、
ダイエットにはなかなか使えません。
このように成分の割合を見ても、肉よりも大豆のほうが
優秀だと言えるでしょう。

大豆が使われている物を簡単に考えただけでも、
醤油・味噌・豆腐と日本の食卓には欠かせない、
いや毎日食卓に上がっていますね。

私のイメージでは、昔の日本では肉より魚を
食べるほうが多かったように思います。
それは、これだけ大豆製品を摂取していれば、
そんなに肉を食べる必要がなかったからではないでしょうか。

現在では、醤油や味噌なども健在のまま、
肉を消費する量が増えています。
栄養を取り過ぎてしまっても、病気の原因になります。
最近、問題になっているメタボリックなどもそうではないでしょうか。

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。