スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酢大豆が身体に良い理由

2009-05-19

健康ブームの現在では、静かなブームになっている
「酢大豆」というものがあるらしいです。
酢大豆とは文字通り、
「酢」と「大豆」が一緒になったものです。
そして、またその文字通り「酢」と「大豆」が一緒に摂取できるため、
非常に体にも良いようです。

どうして酢と大豆を同時に摂ると体に良いのでしょうか?
黒酢の働きには、体内の乳酸を減らしてくれる働きがあり、
そして酢酸が体のエネルギーを作り出します。
ここで大豆が登場します。この時に大豆に含まれる
ビタミンB1がエネルギーを作り出す手助けしてくれます。

そして、糖質や脂質が燃焼される時にも、
大豆に含まれる「マグネシウム」が活躍するようです。
このように黒酢だけを飲むだけではなく、
大豆と一緒に摂ることでさらに効果が上がるのです。
酢大豆とは酢に大豆をつけたものですが、
その他に「乾燥酢大豆」というものもあるようです。
酢大豆は、そのまま飲むか薄めて飲むか、
何かに混ぜて飲むのですが、やはり酸っぱい味が残ります。
この乾燥酢大豆は普通にお菓子のように食べるみたいですので、
酢大豆よりも口にしやすいかもしれませんね。

酢に漬けた大豆は昔は「酢大豆」ではなく「酢豆」と呼ばれ、
ある地方では保存食として一般家庭でも作られていたようです。

大豆は「畑の肉」と呼ばれているほど、
良質なたんぱく質を多く含んだ食材ですので、
酢大豆以外にも、栄養のとれる食べ方はたくさんあります。
醤油や味噌など、形を変えて毎日食卓に上がっているのではないでしょうか。

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

tag : 酢大豆が身体に良い理由

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。